手続き簡単・全国対応の買取会社をご紹介!

着物買取の相場を現役リサイクルショップ店員に調べてもらいました!

着物を売りたい時、最初に気になるのは「そもそもいくらで売れるんだろう?相場はどのくらい?」という点ですよね。インターネット上で買取会社の公式サイトや口コミ、ヤフー知恵袋などを調べてみても、相場に関する情報はほとんど見つかりません。

そこで、現役のリサイクルショップ店員さんに協力してもらい、着物買取の相場額を調べてもらいました!

着物買取の相場額

その結果がこちらです。比較のため、着物買取サイトで唯一、相場額の例示を掲載している「ヤマトク」公式サイトの情報も掲載しています。


種類 査定額の相場
ヤマトクHP 当サイト独自調査
振袖 10,000円 10,000円
付下げ、訪問着 10,000円 10,000円
黒留袖 6,000円 500円
色留袖 8,000円 1,000円
小紋 6,000円 3,000円
7,000円 3,000円
袋帯 8,000円 3,000円
名古屋帯 6,000円 3,000円
由水十久(訪問着) 200,000円 100,000円
久保田一竹(訪問着) 100,000円 50,000円
玉那覇有公 100,000円 50,000円
羽田登喜男(訪問着) 100,000円 510,000円
龍村平蔵(袋帯) 80,000円 120,000円
百貫華峰(訪問着) 80,000円 120,000円
宮古上布 200,000円 170,000円
結城紬(但重要文化無形文化財に限る) 100,000円 70,000円
芭蕉布 100,000円 2,000円
牛首紬(訪問着) 80,000円 60,000円
琉球紅型 70,000円 7,000円
久米島紬 60,000円 30,000円
本場加賀友禅(訪問着) 50,000〜200,000円 60,000円
【補足】
  • 汚れ・傷の無い新品で、比較的最近(過去10年以内程度)に作られた物の相場です。
  • 袖を通していない未使用でも0の可能性があります。
  • 1点で値段をつけない場合もあります。
    (例:まとめて10売りたい物10点で¥1000 という場合。ひとつの価値が0円のものもあるし、200円のものもあったりする)

調査にご協力いただいた店員さん

今回調査にご協力いただいたAさんのプロフィールをご紹介します。依頼にあたり、何度も何度も「着物は1点1点異なるので、一概に相場はこれ、とは言えないんです」と言われました。リサイクルショップでは絶対に作らないそうです(汗)ですが今回は、何とか参考値だけでも・・・ということで調査いただきました!

調査員プロフィール

2年間買取をその場でする着物リサイクルショップの店員を務める。現在も着物リサイクルショップ勤務(買い取り査定はしない店)。自身も着物好きなため、出かけるときは必ず着物。ほぼ毎日普段着が着物生活。

着物を査定していた時は、日によりますが、多いときは50着以上(1日で最高でたんす3棹)査定していました。

着物が好きな点は、こんなところです♪

  • よく考えられている自然な点 (四季を考える模様や生地)
  • 形は同じなのに他人とかぶることがない
  • コーデのやりがいが多くて楽しい

調査方法

  • 現役リサイクルショップのオーナー店長60代前半男性(着物業界30年勤務)に電話
  • 現役買い取り専門店のオーナー(推定年齢60代前半)に自分の着物をもっていき直接お話をきく
  • お客として着物リサイクルショップへ行っての値段調査
  • インターネット販売値段からの割り出し(今までの経験から)
  • いままで勤務していた2年間の経験と最近の情報を店長から相場額を算出

調査方法詳細

リサイクルショップオーナーとのやりとりはこんな感じ

電話で調査と記入しましたが 直接会っても話しております。

店長への質問仕方は(店長も私が経験があることを知っている人なので)相場の値段が変化があるのかどうかを問うかたちで、例えば 「名古屋帯の買取相場はいくらですかね」とひとつひとつきくのではなく、販売している着物の値段をみて

「(例)この着物は5万円 ですが買取のときはだいたい○○円ですかね?」

と質問形式で、きいていきました。

そこで、だいたい売値の1/10 相場でしたが、今はもっと厳しく 1/10よりも安いかもということです。

わたし:「5万円の着物。 これ5千円ぐらいで買い取ってますかねえ?」

店長:「あー今 5千円も出さないね。3千円ぐらいかも」

など 誘導?インタビュー形式できいていきました。

これは リサーチ会社や他のお客さんでしたら店長も答えないと思います。※店長は店では直接値段を決定できない。査定専門へまわすため。わたしが以前勤務のお店は査定専門のかたがお店にいました。

更新日:

Copyright© 着物買取の手引き , 2018 AllRights Reserved.